K’s ケーズデンキに入ろう!

このブログは、家電量販店K's ケーズデンキに入社したい貴方にお届けします。

なぜ貴方はK's ケーズデンキに入社したいのですか?

新製品が安いから?
♪新製品がや!す!い!!ケ〜〜ズデンキ!♪・・・じゃないですよね。 そう思うのは、お客さんの気持ちですから。

じゃあ ポイント制じゃなくて現金値引だから?
いいえ それもお客さんの気持ちですよね。

3年! 5年! 10年!!の長期無料保証だから?
残念! それもお客さんの気持ちです・・・・・

??・・・・・?? うん? お客さんの気持ち?・・・・・

そうです! 『 K's ケーズデンキはお客さんの気持ちになって考える会社 』 なんです。

だから貴方は、そのK's ケーズデンキに入社したいんじゃないんですか?


貴方がK's ケーズデンキの入社試験を受ける時
わたしが今言ったようなことを、ぜひ試験官に "感情を込めて伝えて下さい。"

きっと貴方はK's ケーズデンキの社員として採用されることでしょう!

会社情報をインプット!

それでは、そんなK's ケーズデンキとはどのような会社なのか?
K's ケーズデンキのIR情報をもとに、もう少し噛み砕いて、そしてポイントを押さえながらお伝えしていこうと思います。

敵?(=相手)を知ることは、すべての戦略において、もっとも重要なことです。
もちろん、K's ケーズデンキの入社試験に臨む貴方にとっても、それは例外ではありません。

◆K's ケーズデンキ基礎知識

『 K's ケーズデンキ 』は正式な社名ではありません。
正式には、『 株式会社 ケーズホールディングス 』といいます。(注:これ重要です!)

本社は茨城県水戸市
創業は昭和22年(・・・結構古いんです。)
資本金は122億円(平成18年3月現在)

そして、もう一つ忘れてはならないこと
(通称)K's ケーズデンキの代表取締役社長は、加藤修一様です。(注:けっして呼び捨てにしてはいけません!)

平成18年3月現在のK's ケーズデンキの従業員数は6310名。 そして、貴方がまもなく加わります! (よね?)

同じく、平成18年3月現在のK's ケーズデンキの店舗数は234店舗(うち、直営店174店舗。フランチャイズ店60店舗)となっています。

K's ケーズデンキの店舗展開は、関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)を中心に「 K's ケーズデンキ本社展開 」
東北・中部・近畿を中心に「 K's ケーズデンキ子会社展開 」
北海道・山梨・愛媛・宮崎・鹿児島などが「 K's ケーズデンキフランチャイズ展開 」となっています。

採用情報

K's ケーズデンキの社員採用方式は、「新卒採用」 「キャリア採用」 「新店舗採用」 「パート・アルバイト採用」の4つに分けられます。

◆新卒採用
全国を東北エリア・関東エリア・関西エリア・四国エリアの4つの勤務エリアに分け、各エリアごとに採用試験を行ないます。
ちなみに、K's ケーズデンキ2008年4月入社予定の、関東エリアだけの採用予定人数は100名です。

◆キャリア採用
現在、終了しています。

◆新店舗採用
近日開店予定のK's ケーズデンキ店舗の募集要項を、適時公開しています。
問合せ先は (株)ケーズホールディングス 人事部
(問い合わせ方法はメールにて  jinji@ksdenki.jp)

◆パート・アルバイト採用
K's ケーズデンキ各店舗ごとに採用しています。
各店舗に直接問い合わせして、面談の上、採用決定となります。

K's ケーズデンキ新卒採用希望者には、会社説明会が設けられており、この説明会に参加した人だけが受験できることになっています。
「販売士」や「家電製品アドバイザー」の資格取得者は、特に有利です。



最後に、K's ケーズデンキ社長 加藤修一様のメッセージと理念を、K's ケーズデンキIR情報ページより引用させて頂き、K's ケーズデンキを目指す貴方への餞(はなむけ)とさせていただきます。

----------以下、「社長メッセージ」からの引用です----------

事業の中心には「人」がいます
当社の企業理念は、事業の中心に「人」を据えるシンプルな考え方を基本としています。お客様から、お取引先の方々、株主の皆様、従業員にいたるまで、私たちは「人」に支えられて事業を推進しています。事業の成長は、その「人」のわ(和、輪)を幅広く広げ、より大きな社会的幸福を拡大することに他ならないと考えます。「人」を尊重する事業姿勢を大切にするのが当社の企業理念です。

安定高成長を実現する、無理のない「頑張らない経営」
現代の経営環境は絶え間なく変化し続けます。従って、私たちが直面する経営課題も複雑にならざるを得ません。しかし、こうしためまぐるしい経営環境の中でも、私たちは、「正しいことを行う」という基本に則った取り組みを実施しています。困難な経営課題に対して、「無理、無駄、ムラ」を排し、正しい施策を選択するという「頑張らない経営」が、ケーズホールディングスの安定高成長の秘訣なのです

健康ブログ